貧血に悩まされるのは女性の方が多いですが、男性も油断はできません。
注意したい年齢は特に40代から50代です。
原因は食生活の偏り、無理なダイエット、加齢や胃薬の服用によって胃酸の分泌低下して鉄の吸収が悪くなる、血液の喪失です。
生理のある女性は鉄分不足になる危険性を抱えていますが、男性の場合には実は予想外の病気で貧血を招く恐れがあります。それは痔です。
出血を伴う痔でも少量の出血を伴う症状だと我慢してしまう人もいます。ですが、長期的に痔を我慢し続けると少量の出血でも貧血の原因になってしまうので注意が必要と言えます。痔による原因は意外に多いそうなので女性、男性問わず恥ずかしがらずに治療することが大切です。
鉄分不足で起こる症状としては、めまい、眠気、頭痛、吐き気、動悸、集中力や記憶力の低下、認知機能の衰え、イライラ、不眠、うつ症状、免疫力低下です。
特に50代くらいの世代の人は認知機能の衰えにより認知症を発症させてしまう恐れもあるため注意する点と言えます。
鉄分の1日に必要な摂取量は1日当り10mg前後です。
鉄分を多く含む食材はレバー、しじみ、ほうれん草、ひじき、納豆、プルーン、アーモンド、卵黄などが代表です。
鉄分は吸収しにくい成分なので吸収率を助けるタンパク質やビタミンCを含んだ食品と一緒に摂取すると良いです。
逆に吸収を妨げる食品を避ける事も必要です。タンニンやカルシウム、炭酸、玄米との食べ合わせを避けるか摂取するタイミングをずらす等して対応しましょう。
食品だけで1日10mg摂るのは難しいものですが、現代の強い味方であるサプリを利用するのが最も手っ取り早いと言えます。
鉄分サプリのメリットは食事で摂取するよりも吸収効率が高いこと、鉄分吸収率を高めてくれる成分が一緒に摂れることです。わざわざ鉄分摂取のための献立に悩む必要性が無くなります。
鉄分サプリを選ぶポイントはビタミンCや葉酸、ビタミンB12、タンパク質などが配合されていることをよく確認してください。
貧血を解消するには短期では不可能なので長期的を考えた際にコストや飲みやすさも大事なポイントです。
鉄分サプリだけでなく、サプリ全体に言えることですが過剰摂取は健康障害を起こす可能性があるので適量を摂取するように心がけましょう。
基本はバランスのとれた食事で栄養を摂取して、不足している分を鉄分サプリを利用して貧血を解消しましょう。鉄分サプリ